引き続き寒いですね。

沖縄でこれくらい寒いのだからどれほど内地は寒いのかと思っちゃいます。

来年は息子の高校進学であたり娘は娘でいろいろと人生経験を積み上げていくのでしょう。

教育というのは時代によって変わる事のない原理原則的なもの、時代によっては変化しないといけないものがあると思うのです。

21世紀は時代が大きく変化したわけですから教育のなかで変化させないといけないものがあるわけですが、そこの部分が上手くいってないので子供たちってすごく混乱していると思うわけです。

今の時代に合わないものを無理矢理押し付けられるってことはかなりのストレスですよね。

想像と破壊、育てて、壊す、仮説を立ててそれを実行し、結果を検証してまた仮説を立てる・・・時間はかかるけど問題意識をもって取り組むべきことが多いと思うのです。

幸いな事に現代はインターネットによって自らが強い意志をもてば、必要な情報をとる事ができます。

そういう意味では時代の変化にあらゆるものがついていけない状況ですが一瞬に変化することも可能な時代だと思いますね。

結局は自分次第だし、責任転嫁することが最大のリスクですね。

子供ってバカではないので中学生くらいになるとそんな事も考えていたりするわけです。
むしろ変化することに諦めてしまった大人こそ危険なのであって子供の方がはるかに可能性を秘めています。

いつの時代も新しい時代を想像するのは若者なのであります・・・

世の中の常識

こうやって50年近く生きてきますと世の中の常識ってずいぶん変化したと思う次第です。

何といってもインターネットの衝撃って凄いですよ。私の中では(笑)

若い頃から営業の仕事やっておりまして、いわゆる営業カバンがめちゃ分厚かったですからね。

さて、その気になる中身なんですが、まずが分厚い地図、そしてカセットテープの頃のウオークマン、自己啓発本、営業の資料・・・

重かった記憶が今でも残ってますからね。

営業マンってモチベーションの維持が欠かせないんで自己啓発の本とカセットテープそして音楽も聞きたいんで音楽のカセットテープ、飛び込み営業なので地図。

これらの物って全部iPhoneの中に納まるんだよ!!奇跡だね。ありえないよ。

すんごいねえ・・・

あと何が変化したかっていうと、私の主観でいうと男と女の関係ですね。

その根底は父親の権威が落ちてしまったってことが大きいと思うんですけど、女が偉く男を見下すようになりましたね。原因は当然男が不甲斐ないからなのであります。

いいなり3姉妹と独裁ニートではありませんが、逆にニートなんかが猛威をふるったりとわけがわかんない世の中になったものです。

これからいろんな試練を日本人は通過するんでしょうね。

それを踏まえてしっかりと息子と娘を育てていかねばと思うのであります・・・

視野を広げよう!!

固定概念を持たないことが視野を広げることに繋がると感じる今日この頃です。

そしていろんなことを体験し感じること。自分に素直になること。

実に人生は奥が深いです。

そうやって考えますと人生って思いっきり楽しみたいですし、楽しむためにありますね。
それは決して楽することではないです。

「ねばならない」で生きるのではなく「したい」で生きるわけです。

であってこそ死ぬ直前まで活き活きと生きることができるのです(笑)
死ぬ直前まで活き活きと!!良いですねえ。

些細な事でも良いんです。

例えば地球上には男と女しか存在しないんですが、男の方がエッチだとたいがい思ってます。
男はスケベだし痴漢も男だし。

そこで視野を広げますと、女の体でイキすぎてヤバイっ!なんていう仮説を立てることもできるわです。

どういうことかと言いますと、男が感じるエッチの気持ち良さは女が感じるエッチの気持ち良さに比べたら天と地の差かもしれないという仮説です。

よーく考えてみますとエッチであんなに声を出しまくるのは女ですし、潮まで噴いちゃったり、失神までする女もいるわけですからどれだけ気持ちが良いのかってはなしです(笑)

こんな些細な事でも視野が広がるってことを言いたかったわけですね。

いや~、人生って面白いですねえ。

今日は寒い!!!

さすがの沖縄も今日は寒いですよ!!!

てことは東京だったらどんだけ寒いかってはなしですね(笑)

4年前までは東京に住んでたわけですが確かにクリスマスが近づくこの時期ってめちゃ寒いですよね。

思い出しましたよ。ソウルに住んでた頃を・・・
韓国ソウルの冬の寒さって痛い寒さですからね。

そう考えると沖縄はホント住みやすいです。

その住みやすいという基準なんですが、僕の言う住みやすさの基準というのは万が一ホームレスになってしまったとき凍え死なないという基準です(笑)

ロシアとかではよく寒波かなにかで亡くなったってニュースが流れますからね。

あと寒くなるとなにか人生がさみしく感じたりもしますし・・・

暖かいところに住む男性ってあまり仕事しない人が多いんですがそれも危機感がないのは別に外で寝ても凍え死なないってのがあるような気がするんですね(笑)

例えるならば、潜入した女子校がエロすぎて我慢できねェ!ってくらい南国の人は楽天的なわけです(笑)

さてさて、年末年始をまじかに控えて最後の仕事の追い込みが待っております。

よくブラック企業がああだこうだ騒いでおりますが、自営で何とかやってる我々なんて完璧にブラックではないでしょうか(笑)

ただ大きな違いがありまして好きでやってるかいやいややってるかの違いは大きいですね。

要は好きでやってるハードワークはもはや努力ではなく夢中になってるだけなのであります。

師走ですね~

師走ですね。1年ってホント早いです。びっくりするくらい・・・
こうやって年を重ねていくと思うとしっかり噛みしめながら生きたいものです。

あと沖縄ではこの時期はインフルエンザの流行がすごいですね。

やはり子供が3人いますと学校からウイルスを持ってきちゃいます。
案の定、末の娘がインフルエンザにかかっちゃったみたいですね。

もうすぐ長女が修学旅行なのでホント長女にインフルエンザがうつらないように気を付けないといけないです。

インフルエンザで修学旅行に行けなかったなんて実に洒落にならないですから・・・

沖縄からの修学旅行だと中学生の場合は九州です。

お決まりの阿蘇山、長崎の平和祈念堂といったところですね。そうそう、この時期に修学旅行ってホント困るんですよ。

なぜって内地はすんごい寒いじゃないですか。なので沖縄では着ることのないダウンのジャケットを買ってあげないといけないんです。

一回の旅行のために(笑)これってホント無駄ですよね。

まあ娘にとっては楽しみの修学旅行ですからね。いろんなところを巡って、何かいるっ!!!って大騒ぎしながら楽しんでくることでしょう。

さてさて、仕事の方は自営なので年末年始だからといって決まった休みというわけでもなく、仕事してもいいししなくてもいいみたいな・・・なのでつくづく仕事って自分が好きな事をやるべきだし、嫌いな事を仕事にしちゃったら何のために生きてるって思っちゃいますよね。ラストスパートで頑張るぞ!!!

社会を構成する最小単位は家庭

社会を構成する最小単位は家庭だと思うわけです。

なので家庭が崩壊しだすと社会も崩壊する。国までもが崩壊する事態になっちゃう・・・

そのように考えると核家族から始まって最近は結婚すらしない女性・・・結婚できない男たち(笑)

しかし私が今の世の中で20代の独身男だったら結婚して子供を育ててということに希望を感じれるかといったら疑問ですよ。

それくらい世の中が作り出す空気みないなものってホント重要です。

これは時代の流れともいえるので日本人が一度は経験しないといけない課題だとも思うわけです。

しかしここまで家庭が崩壊するとは思いもしませんでした。若い子たちにとってはこれが当たり前なんですよね。

同級生は親父の嫁。ベッドの上では俺の嫁。なんてことも普通にありえるような世の中が来るような気もしますね。

それくらい家庭の危機を迎えてると思いますよ。

沖縄は日本でも有数の子沢山の県です。なのになぜか離婚率は北海道といつも1位2位を争ってるとうい摩訶不思議(笑)

家庭が崩壊していく未来の社会にみえるものは・・・

そこからどんどん落ちていくのか、それとも大きな変化をもって進化していくのか・・・

ただいえるのは、一度はひどい人口減少の道を辿るでしょうし、結婚しない人たちで溢れる世の中を迎えることでしょう。

まあ、人口が増えすぎたってこともありますから、これが自然の摂理だという捉え方もできるわけですし。

で、いったん大きな人口減少を経て日本人は進化へと向かうであろうというのが今の私の予測であります。

大学ってどうなの??

大学ってのがビジネス化してる気がしますね。
将来の日本を背負って立つ若者を輩出するというよろも全てが見栄であったりお金儲け。

まあ、そもそも大学に行く人間の動機が最大の問題なんですけどね。
ほとんど遊び目的であったり、自分が将来なにをやったらよいのかわからないが故にとりあえず行くみたいな・・・

なのでホント沖縄にいても塾の多さにはびくりしますよ。

大学でてもお金を稼ぐ力なんてほとんど身につかないんであって、お金だけはすんごいかかりますからね。

女性も大学行くのが当たり前になりましたが、某有名私立大学ヤリサーの実態みたいな話を聞いたことがあるんですがこれこそただの遊び目的、ただの青春の思い出作りみたいな・・・

なにせ小学生の職場体験がコンビニエンスストアを見学に行くんですから、今やバイトが職場という笑うに笑えない状況です。

てことは教える側の教師やら教授が20世紀の価値観にあるわけですから21世紀の仕事観であったり生き方を教えるってのが無理がありますよね。

一方で全く新しい感覚を身につけた若者も沢山いるのも事実ですから、そこから希望の芽が育っていくのでしょう!

古い価値観から新しい価値観への転換期は歴史をみれば困難な時代といえますが、最高に面白い時代でもあります。
その解釈の仕方いかんで人生の質が左右もされるわけです。

3人の子供をもつ親としては気を引き締めて生きていきたいものです!!

さてさて、やっと今日あたり冬らしい気温になってます(笑)

とは言っても内地に比べればかなり暖かいですよ。

沖縄の交通事情

沖縄で生活するには自動車が必須だと以前書きました。
ずっとペーパードライバーだった嫁も今ではすいすいと車を運転してるわけです(笑)

車がないと生活に支障をきたすレベルですね。

そう考えると東京を中心とした首都圏の電車網はすごい!!の一言ですね。

あんなに複雑で数分おきには発車する地下鉄網であっても見事に正確に管理してるわけですからホント感心してしまいます。

何せ車がなくても不便だと感じさせないレベルですからね。

サラリーマンにとっては通勤電車であり、学生にとっては秘密の通学電車となるわけですが、ホント関東の人たちにとっては重要すぎる足そのものです。

なので大地震の影響でいわゆる計画停電で電車が動かなかったときは全く仕事になりませんでした。(沖縄に住みだしたのはその年からです)

便利ではあるんですが、東京の電車といえば、毎日のようにアナウンスされる人身事故がなんとも切ないですね。ほぼ毎日ですから異常としか言えませんね。

それと満員電車ですね。あれも異常な光景ですね(笑)あんなに詰め込まれてなんか考えさせられますよね。
人間じゃなくなったような錯覚に陥ってましたもん。

あと痴漢。あれなんなんでしょうね(笑)

さわっちゃうわけですね(笑)

女のケツ触って捕まっちゃあ、割が合わないです。

で、結構、冤罪も少なからずあるような気がするんですが。

女性専用車両なんかあって、だれも触らんだろう人こそ、そこにいる(笑)

かなり話が飛びましたが沖縄はのんびりでホント良いです!

沖縄のスポーツ

沖縄では来月に確か那覇マラソンが開催されるはずです。

本当の南部ではサーフィンやってる人が沢山います。

あとはトライアスロンの大会が石垣島とか沖縄で結構開催されてることを最近知りました。
やはり海が綺麗だし、気候もいいので最高でしょうね。

ただトライアスロンってすんごいハードですよね??
やったことがないのでわかりませんが・・・

かなりの距離を泳いで、そしてやはりかなりの距離を自転車をこいで、そしてマラソン。考えてみたら凄いですね!!

以前、トライアスロンのことを鉄人レースって言ってなかったかなあ??記憶はあいまいですが。

なんとなくうちの家族でチャレンジできそうなのは長女かな?水泳、長距離が得意ですからね。

競技をする立場として、海が綺麗だとか感じる余裕はあるのでしょうか(笑)

住んでる立場としては敢えて海にいくこともないですし、意外と沖縄の人は海に泳ぎにいきませんからね。泳げない人も多いですし(笑)

慣れちゃうとそういうこと忘れがちなんですよね・・・

むしろ夏なんて暑くて涼しいところに住みたいって思いますから。で、北海道に住んだらまちがいなく暖かいところに住みたいって言うんですよ。きっと。

さてさて、トライアスロンですがあのような競技って観戦するのが難しいですよね。限られたフィールドでやるスポーツとは違ってね。
そんな、セクハラ☆トライアスロンも実は歴史が浅いんですよ。

発祥地はアメリカだった記憶がありますよ。東京オリンピックもあることですし、スポーツに興味持ちましょうかね!!

とりあえずは、娘たちがやってるバスケットボールの観戦です!!

3人兄弟

私は3人兄弟で嫁は4人姉弟。
で、子供たちは3人兄妹。

子供が3人いると確かにお金がうらくかかります。けど3人いるから働くモチベーションが湧くのも事実。
ましてや3人とも大学に行きたいってなった場合、果たしていくらお金がかかるのだろう?

そうやって人生を現状の延長線上に考え計画を立てようとすると子供を持つことすら困難だという結論になりかねないですね。

なので将来自分がありたい姿を描いてそれに向かうようにしています。
その方が私の場合、気が楽なので思考の仕方は人それぞれということですね。

さて、3人子供がいますといかに一人一人が性格が違うのかを知る事ができます。
兄妹なのに全く違うのが面白いところ。
こういったことも3人いればこそ味わえることですね。

そして意外と兄妹ってお互いが関心を示さないんですよね。これもおそらく私の経験であって、姉のカラダに興味津々な弟くんなんかも多くいることでしょう。

ただ、私もそうだし、嫁もあんまり関心を示さないんですよね。私の場合は仲も良くないのですからね。

そこはいくら血がつながっているからってことはホント関係ないです。
そう考えると、やはり子供を持つのはリスクだと考える人の気持ちがわかります。
それより夫婦2人で旅行行ったりだとか趣味だとかで楽しく生きるのがいいとか・・・

そうなんです。
そういった考えをお持ちの方は多いと思いますよ。

なので子供を持つ場合の心構えがひとつあります。

それは見返りを求めないこと

このひと言に尽きますね。